システムキッチンの概算見積~スタンダードよりも少し上で中級程度のキッチン予算

システムキッチンの概算予算例

ご家庭の奥様にとって、家の中でソフォームしたい箇所のナンバーワンはシステムキッチンかもしれません。最近のシステムキッチンは、シンクの排水が改良され、カウンターは人造大理石に、ガス台は掃除のしやすい安全なフラットタイプにと、相当にグレードアップしてきました。種類も豊富でぜいたくをいえばきりがありませんが、ここではスタンダードよりも少し上で中級程度のシステムキッチンの概算目安をお教えします。

概算見積例は予算の一例です。その家のキッチンの状態や工事の内容、
システムキッチンのグレードによっても異なりますので、あくまでも参考例です。例えば、今、流し台、調理台、ガス台が一列に並んでいて約ニメートル70センチあるところに新しいシステムキッチン(右記の設備仕様で吊り戸棚、換気扇フード共)を設置した場合は、取付費込みで約70万円が平均です。

これに水道工事、電気ガスエ事、タイルエ事、補修工事などが加算され、また、電子レンジ一体型オーブン、食器洗い機を組み込むと概算見積例の127万5千円になります。                       

システムキッチンは部屋のコーナーを有効に使えるL形を選ぶと、商品代が約10万円

程度アップになります。同じ型のシステムキッチンでも、カウンターが人造大理石なのか
ステンレスなのか、また扉のデザインや材質の違いによっても値段が違います。色は冷蔵庫や食器棚、床、壁の色とのマッチングを考えて選ぶと良いでしょう。

タイトル工事から、キッチンコーディネイトまで

タイルエ事については、 100角のタイルより大きめの150角のタイルを選ぶとグレードアップします。予算は約一万円増です。また流し台の前に出窓を取り付ける場合は、流し台から出窓のカギまで奥様の手が届くかどうかを注意することがポイントです。

さらに、同時に床をフローリングにしたり、壁と天丼のクロスも張り替えたりすると、キツチンの全面改装になります。その場合、施主の抱いているイメージと業者のイメージが食い違うことがあるので、プランを図面で提案してもらうといいでしょう。

インテリアコーディネートのセンスが豊かな担当者や、キッチンコーディネーターなどの資格を持つ専門家に入ってもらうと、奥様やご家族の細かい要望や好みのテイストを取り入れてプランを提案してくれますので、満足度の高いソフォームができると思います。

キッチンリフォーム費用と見積を格安にする方法

キッチンリフォーム概算見積

古い吊り戸棚、流し台、調理台、ガス台の撤去 35,000円
同上処分 35,000円
古い水道排水の移設・撤去

40,000円

新しい水道排水の新設 60,000円
ガスエ事撤去・取付 20,000円
システムキッチン(15%値引) 600,000円
タイルエ事 流し台の回り 35,000円
電子レンジー体型オーブン 250,000円
食器洗浄乾燥機 130,000円
電気工事 40,000円
補修費 30,000円
1275,000円
諸経費 63,750円
合計 1,338,750円