昭和時代の結婚観は時代錯誤

夫は3歳年上の商社マン、私は専業主婦、子どもは一男一女の二人、家は庭付き一戸建て、夏と冬には家族で海外旅行に行くのが恒例:::というような、ひと昔前の夢物語に近い理想を、本気で願っている女性に出会うことがあります。

このタイプの女性と話していると「あら、時代はまだ昭和だったかしら?」とタイムスリップしたような気がして、頭がクラクラしてきます。さんざん現実を見てきたはずなのに、まだ時代遅れな結婚観を堂々と掲げている「昭和の良妻女子」は、平成の時代にもしっかり生息しているのです。

「昭和の良妻女子」は基本的に、とても真面目な性質の人が多いのも特徴的。考えてみれば、適齢期と呼ばれる年齢になって、お相手を見つけに結婚相談所に足を運ぶ、というのは正当な流れ。

「昭和の良妻女子」たちは、それにのっとっているわけですから、不真面目なわけがありません。何よりも彼女たちに素直な一面を感じるのは、「母親を尊敬している」という点です。本来であれば、親を尊敬するのはほめられていいことですし、見習うべきことでもあります。

ところが、母親を敬う気持ちが過ぎるあまり、「昭和の良妻女子」が形成されてしまい、婚期を逃してしまっている可能性もあるのです。のが、今、婚活を頑張っている人たちの親の世代です。

ですから、「昭和の良妻女子」たちは、自分の育った家庭をお手本にして、「家庭とはそういうものだ」という刷り込みがなされてしまっているわけです。実際に親からこんなふうに聞かされてきた人もいるのではないでしょうか。

「自営業よりサラリーマンのほうが結婚してからは楽よ」「お父さんとお母さんみたいに、三つくらいの年の差があるといちばんうまくいくのよ」「結婚して子どもが生まれたら、無意識のうちに、やっぱり一軒家に住まないと」こういった発言を何度も親から聞かされているうちに、し、つしか自分も同じように考えるようになっていくものです。

ちなみに、このことを心理学上ではリミテイング・ピリlフと言います。リミテイング・ピリ1フとは、自分らしい言動を制限して、間違った考え方を信じてしまうことを意味します。この場合だと、いつのまにか「結婚とは、親のような家庭を持つことだ」という考えを持ってしまう「昭和の良妻女子」が誕生することを指します。

ところが現実は、親が結婚をしたばかりの時代とは180度変わっています。今どきは、専業主婦を希望する人も少数派ですし、戸建ての家をポンと買える初iMW代の男性も限られています。ですから、ずっているままでは、平成時代の結婚ができるようにはなりません。

いつまでも親の世代の結婚観を引き「昭和の良妻女子」を卒業するには、今どきの結婚というものの相場観を養う必要があるでしょう。それには、家族や姉妹ではなく、第三者の話を聞くことです。

たとえば、信頼できる結婚相談所のカウンセラーの意見に耳を傾けたり、婚活のセミナーに参加したりします。これまで圧倒的に不足していたであろう、今どきの結婚観の情報を入手することで、今までの結婚観や知識を上書きすればいいのです。そうすることによって、必然的にパートナーに求めることも無理のない現実的なものに変わってくるでしょう。